<< 梅雨のおとずれ | main | ショック!! >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

カテゴリ:- | | - | -
完走6台 ボイコット14台
昨日のF1は、ある意味、波乱なレースでした。
ミッシュランタイヤユーザーのチームが、オープニングラップ終了間際に、ピットインそしてボイコットという異例なレースでした。
ことの発端はフリー走行時にR・シューマッハが最終コーナーでクラッシュしたことからはじまりました。
ミッシュラン陣営はタイヤがレースでもたないと判断し安全性を考えシケイン設置をFIAに申し入れたが、却下され、それをうけてドライバーの安全確保等から、7チーム、14台が異例のボイコットとなりました。
しかし、オープニングラップが20台でスタートされた為、チャンピオンシップとしては有効となり6台でレースが成立しました。
世界最高峰のレースで、あのようなレーサーどころか観客まで無視してレースを成立させてしまうなんて、最悪の方向に向かっているような気がします。
セナの事故から安全性の為、レギュレーションがころころ変わっているが、それは安全性優先というより商売気が優先されたレースになってしまっている。
日本のレースではこのようなことがないことを祈ります。

今回のF1の思いはこの続きへ
今回のF1、残念だったこと。
1,トヨタのポールポジションからのお立ち台
2,佐藤琢磨のお立ち台
3,激しいバトル
すべて夢でした。

また、トヨタがんばれ!!
カテゴリ:Motor Sports | 03:15 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
カテゴリ:- | 03:15 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://wingsgate.jugem.jp/trackback/5
トラックバック